私たちがテクノストラクチャーを選んだ理由

テクノストラクチャーは、災害や経年劣化によってたわみやすい梁に鉄を入れて補強した「テクノビーム」というパナソニックオリジナルのハイブリッド梁と、「自動躯体設計システム」というコンピュータによる高度な構造設計・構造計算に基づいて建てられた、極めて強度の高い木造住宅をつくるための工法です。

その優れた技術に、地域密着企業である古川のきめ細かな対応を組み合わせることで、より信頼性の高い住宅を、永続的に供給できると考えました。 またパナソニックの最新高性能省エネ機器と、私たちがLPガス事業や太陽光発電事業により得たエネルギー供給に関する知識とノウハウを組み合わせることで、これからのエネルギーを提案する古川ならではの次世代の住まい「ZEH」が実現できると確信しています。

木と鉄を組み合わせたハイブリットな強さ

パナソニックオリジナルのハイブリッド梁「テクノビーム」と構造計算に基づく安心のプラン。

テクノストラクチャーは、木と鉄を組み合わせた梁を使い、構造計算に基づいて建てる家です。梁に鉄を入れて補強したのがテクノビームという、パナソニックオリジナルのハイブリッド梁です。このテクノビームを使い、一棟ごとに構造計算を実施します。

木の温もりに鉄の強さをプラス。構造計算で耐震性や耐久性も確認。

パナソニック独自の「テクノストラクチャー工法」で建てる木造住宅。それが、「テクノストラクチャーの家」。木の梁に鉄を組み合わせ強度を高めた「テクノビーム」を使い、梁と柱との接合部にも金具を用いて、家の骨格を強化しています。さらに、2階建て以下の木造建築では義務化されていない構造計算を、一棟ごとにすべて実施し、最高等級の耐震性能を数字で示して、確かな安全性を実現。あえて日本人が愛する木の家の温もりに、災害に対する大きな安心をプラスした住まいです。

地震などの自然災害に負けない強い木造住宅。

2階建て以下の木造住宅では義務化されていない“構造計算” ※。これは、地震や台風、豪雪などの災害に耐える住まいの力を計算するもの。「テクノストラクチャーの家」は、それぞれ間取りの異なる注文住宅だからこそ木造でも構造計算が必要と考え、独自のプログラムによって、あえて一棟ごとに構造計算を実施。耐震、耐風、耐雪すべてにおいて高い品質を確認します。また、実物大のモデルによる振動実験も行い震度7の激震を計5回与えても構造強度に影響の無い強さが実証されています。
※延床面積500㎡以上のものを除く

耐震等級3で安心の暮らしを実現

耐震等級3とは、構造・安定に関することの項目で「極めて稀に発生する地震による力の1.5倍の力に対して倒壊・損壊しない程度」とされています。最高ランクが3等級とされ、建築基準法遵守が、等級1に該当し、等級が上がればそれだけ性能が高いということになります。古川が手掛ける住まいでは通常行われない構造計算を設計段階で1棟1棟実施することにより、耐震性能3を標準仕様としております。プロの目で一棟一棟確認して、 すべて合格したものがテクノストラクチャーの家となります。 それを証明する「住まいの診断書」もお渡ししています。

万一の地震にも、安心・安全の長期優良住宅

長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた住宅です。耐震性、省エネルギー性、劣化対策などにおいて、定められた基準を満たす住宅を指します。主な基準が「住宅性能評価制度」の必須項目と重なります。また、減税などの面でも有利になります。

長期優良住宅保険の認証条件 地震に強い(耐震性)耐震等級2以上が必要 断熱性能 断熱等性能等級4が必要 長持ち(耐久性)劣化対策等級3が必要 メンテナンス性 維持管理対策等級3が必要 住宅履歴情報の整理 住宅の記録を作成し保存する 住宅面積 良好な居住水準を確保 維持保全計画 定期的な点検や補修などに関する計画があること

ご来店の予約・お問い合わせ

0120-434-915
メールで問い合わせる