テクノストラクチャー×ゼロエネルギー(ZEH)

住まいのエネルギーを「つかう≦つくる」にコントロールする住まい 2020年には、新築住宅のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)が当たり前の時代に!?

1年間の消費エネルギーより、太陽光発電システムなどによって住宅でつくるエネルギーの方が多くなる(または差が0になる)住宅のことを、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)といいます。国は、2020年までに標準的な新築住宅でのゼロ・エネルギー化を目指しています。家と過ごす時間の長さを考えると、ZEHが“あたりまえ”の基準になるのはすぐそこ、と言えます。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

テクノストラクチャーのZEHは、長期優良住宅仕様になっているのが大きな特長です。つまり、省エネ・創エネというZEHの特長に加えて、耐震性・耐久性・可変性など、家の構造として優れた特長をあわせもっているのです。

長期優良性能+ZEH=テクノストラクチャーのZEH

「断熱」は快適な暮らしも実現

ひとことで、「消費エネルギー0」といっても、それを実現するためのアプローチ方法は様々です。テクノストラクチャーのZEHは、単に消費エネルギーを太陽光発電でまかなうだけでなく、断熱&省エネなど、家の性能を高めて消費エネルギー自体を減らすアプローチにより、住む人にとって快適な暮らしも同時に実現します。

ZEHの新築住宅に補助金が出ます。

神奈川県小田原市では『ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)』の補助金が支給されます。
詳細は弊社スタッフまで、お気軽にお問合せくださいませ。

補助金についてのお問い合わせ・ご相談

ご来店の予約・お問い合わせ

0120-434-915
メールで問い合わせる