Furukawa Spirits:スタッフ紹介

小田原のまちと人に愛される家づくりを目指して

住宅事業という新しい挑戦がスタートし、私たちスタッフも毎日新鮮な気持ちで業務に取り組んでいます。私たちが扱うのは、テクノストラクチャーという革新的な住宅工法です。まずは私たち自身がその特徴や利点を完璧に理解し、住まいづくりに活かしていくノウハウを習得することが第一。スタッフ同士のディスカッションや研修を通じて、お互いのアタマとカラダに浸透させていく努力を繰り返しています。しかしあくまでそれは、住宅をつくるための技術に過ぎません。根本的に大切なのは、私たちが考える「小田原という地域に溶け込む家」「小田原に暮らす人たちの幸せを育む家」を、この優れた技術を駆使して現実のものにしていくことです。どのような工夫で、どのようなこだわりで、どのようなプランニングでお客様を喜ばせるか。ミーティングで繰り広げられる熱い議論の中心は、それらに集中します。それはやはり私たち一人ひとりが、このまちを愛し、このまちで暮らす人たちが大好きだからなのです。小田原に一軒でも多くの強くて安心、そして快適な住まいを増やしていきたい。その想いをしっかりと共有しながら、私たちの住まいづくりへの妥協のなき追求は続いていきます。

「古川らしさ」を住まいに取り込むチャレンジ

私たちの住まいづくりの目に見えるカタチとして、今施工を行っているのが「久野モデルハウス」です。2016年11月のオープンを控え、着々と工事は進められていますが、その工期の途中段階でも随時見学会を開催してお客様に公開しています。
テクノストラクチャーという新しい建築技術を体感してもらうためには、実際にそれが使われている家屋の構造を見てもらうことが一番。住まいが完成したら見えなくなってしまう部分ですので、ある意味この時期がご理解いただくためのベストなタイミングともいえます。訪れていただいたお客様からいただくご質問などにより、逆に私たちが勉強させられたり、新しい発見があったりということも少なくありません。また、真剣なまなざしで見学してくださるお客様を見るにつけ、長く地元・小田原で愛され続けてきた古川が行う住宅事業への大きな期待を感じることができます。
これに応えるべく、テクノストラクチャー×ゼロエネルギー(ZEH)というテーマに基づき、いかに「古川らしさ」を住宅へ取り込んでいくことができるか。それを模索しながら、古川が提案するこれからの住まいの在り方を固めていきたいと思っております。

Furukawa Staff

統括責任者(部長)

宮崎 智幸 - Tomoyuki Miyazaki -

営業担当(課長)

石井 昭 
- Akira Ishii -

営業担当

大徳 政博 - Masahiro Daitoku -

工務担当

藤田 宏一 
- Koichi Fujita -

モデルルーム アドバイザー

中川 千鶴 - Chizu Nakagawa -

Greeting ―代表ご挨拶― Corporate Outline―会社情報―

ご来店の予約・お問い合わせ

0120-434-915
メールで問い合わせる